したい人,10000人。始める人,100人。続ける人,1人。

若松えり子です

表題の、

「したい人,10000人。
 始める人,100人。
 続ける人,1人。」

このフレーズ、どこかで聞いたことありませんか?

文字通り、

〇〇したい人は、10000人いるけど、
それを始める人は、100分の1の100人。

そして、

それをし続ける人は
そのまた100分の1の、たったの1人。

誰しも、
したいこと、やりたいこと。
たくさん持っている筈なのですが、

それが、

よくわからなくなってしまっている方も
少なくありません。

よくわからないという方は、
人に依存していたり、
自分を蔑ろにし、人の為だけに生きていたり、

「自分の人生」ではなく、
「人の人生」を生きていることに
気付いてなかったりします。

これは、

「ただ、自分自身を感じ観る」

という時間が圧倒的に少ないだけで、

この時間を優先的に、と言いますか、
「習慣化」してしまえば、いいのですが、

目の前の
「やらなければいけないこと」
「やるべきこと」

に、翻弄されて、
一向に「自分の時間が作れない」

いや、
自ら「作らない」でいるのです。

「時間が ない、ない」言う人は、
時間があっても「ない」って言います、苦笑

「時間ができたら、やろう」
と思っているうちは、できません。

= 堂々巡りで、一向に現実が変わらない。

「意志」が、先、
「決める」のが、先なのです。

そして、
したい事が見つかったとしても。

手始めに、本を読んだり、
セミナーに行ったりと、
「知識」をいくら詰め込んでも、

それを、

アウトプット「実行」しないと、
身(実)になりません。

なぜなら、

入れるだけで、出さなければ、
エネルギーの便秘を起こし、循環できず、
淀んでしまうからです。

そして・・

それを「実行」に移すのは、
10000人に100人だけ・・

(なんて少ないのでしょうか・・
 みんなが実行に移せれば、世の中さえもすぐ変えられる、
 と思いませんか?)



呼吸法でも、
吸う息よりも、吐く息の方が、2倍長く吐いていきます。

つまり、
吸う・インプットを「1」とすれば、
吐く・アウトプットが「2」。

「1」インプット(吸う)したら、
「2」アウトプット(吐く)する

つまり、
「1」知識を入れたら、
「2」行動する
くらいで、ちょうどいいのです。

クライアント様のほとんどの方が、
これができていませんでした。

いわゆる、セミナージプシー

職場や家族の人間関係にしても、
お金の面にしても、
悩みをこぼしながらも、
思っているだけだったり、
ああすればいいのに、
こうすればいいのに、と言っているだけで、

自分自身が、新たな取り組みに挑戦しよう
という意志を持たないと、
状況、現実は、変わらないのです。

人や、環境のせいにするよりも、
自分は、
どうしたいのか、
どうしていきたいのか、

というビジョンをしっかり持つ事、

「自分の中心にいる」
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ことが必要なのです。

ただ、「知識」を入れただけでは、
魂は、学べません。

行動、挑戦することこそが、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
魂が学び、成長できることなのですから。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
そしてまた、

10000人のうちの100人が行動したとしても、
それを「継続」できる人は、たったの1人。

なぜ継続できないのか。

これは、
ただ単に、「意志が弱いから」ではありません。

「習慣化・仕組化」の
「工夫」をしていないから、なのです。

「やりたくなる、続けたくなる仕掛け」
「やらざるを得ない仕組み」を
「工夫」して取り入れているでしょうか?

続けることは、
それだけに難しいことかもしれませんが、

そのチャンスは、
すべての人に「公平」にあります。

「したい」と思ったこと、感じたことを
「実行」に移せていますか?

そして、
それを「継続」できていますか?
「継続」させる「工夫」をしていますか?

「続ける」ことは、誰にでもできます。

そして、
その能力こそが、
唯一無二の
他との差別化になるのです。

あなたの「個性」
「得意なこと」
“Personality” とは、



何だと思いますか?

これからの「個」の時代に、
一人一人がスムーズに豊かに、
自他共に、
笑顔の循環を大きくすることに

私自身が、宇宙から
一翼を担わせていただいているのだと
感じています。

一緒に、変容を楽しんでいきませんか^^

今までのご感想は、こちら

http://chiisananiwa.com/voice/

http://life.chiisananiwa.com/basic/

PAGE top

Top